不妊治療は夫婦二人三脚で!専門医に相談するのが近道です

遺伝子

不妊の悩みがあるなら精子検査を受けてみましょう

研究員

子供が欲しいのになかなか出来ないという悩みを抱えているなら、不妊治療専門クリニックに相談するのがおすすめです。不妊の悩みを持っている夫婦の場合、女性だけでなく男性の側も専門的な検査をすることが重要となります。

男性のための不妊検査としては、精子検査があります。不妊治療専門クリニックでは高精度な精子検査を受けることができ、自分の精子の質がどのようなものであるかを高いレベルで知ることができるのです。しっかりとした検査を受けた上で改善方法や治療方法の選択に進んでいけば、不安の軽減にもつながります。
体外受精を考える場合でも、体外受精にどのくらい適した精子かどうかをあらかじめ検査しておくことが大切です。高精度な検査を受けることで、体外受精の成功率がどの程度になるかを客観的に把握できるようにもなるのです。データを知ることで精神的な支えとなるのも、検査の大きなメリットです。

不妊治療専門のクリニックで精子を検査することで、専門家から治療方針について様々なアドバイスを受けることができます。プライバシーにももちろん配慮してもらえるので安心です。不妊治療を希望しているなら、一度男性不妊治療専門クリニックに相談しに行ってみましょう。

体外受精による不妊治療を行う前に必要な精子検査

日本では何らかの原因で子供ができずに、不妊治療専門クリニックに相談をする夫婦が増えています。不妊に対する治療方法はたくさんありますが、中でも有効な方法の一つとして挙げられるのが体外受精です。体外受精とは文字通り通常体内で行われる受精を体の外で行う方法になります。
ただし、この治療は男性側の精子が正常であることが前提です。精子に何らかの問題があると、体外受精を行っても期待できる効果を得ることが難しくなると言われています。そのため、体外受精の不妊治療をする前に、高精度の精子検査を受けることが大切です。検査は不妊治療を専門としているクリニックで行っていて、精液の量や数、運動率といった精子の状態が既定の数値に達しているかを調べることができます。
費用は保険適用外で、クリニックによって値段は若干異なりますが、平均相場は数千円程度なのでそれほど負担にはなりません。検査と言ってもそれほど大掛かりなことをするわけではなく、検査当日に自宅で採取した精子を提出するだけです。自身で採取するのが難しい場合には、クリニックで採取してもらうこともできます。
検査の結果、既定の数値に達していなかった場合でも、生活習慣の見直しで改善されることもあるので、まずは検査を受けて自分の体について理解することが大切です。

精子検査を受けて不妊治療に必要な正しいデータを得よう

不妊に悩んでいる夫婦は多く、赤ちゃんを迎えるために辛い不妊治療に励んでいる方も少なくありません。不妊と聞くと多くは女性側に問題があると決めつけてしまいがちですが、男性にも同じくらい不妊の可能性があるのです。不妊治療専門クリニックに相談しているのなら、女性だけでなく男性も同じように不妊の検査を受けることが大切です。代表的なものは精子検査で、自身の精液の中に運動精子数がどれだけあるかを検査してくれます。中には精液に全く運動精子が含まれていない場合や、数が非常に少なく、通常の生活では妊娠することが難しいと判断されることもあるでしょう。しかし、きちんと検査をして正しいデータを知ることで、時間も体への負担も減らすことができ、夫婦にとって効果的な治療を受けることもできるのです。もし、運動精子数が少なければ、体外受精や顕微授精などもあります。不妊治療は体にも心にも負担がかかってしまうものだからこそ、女性一人だけに任せるのではなく、男性も同じように治療に参加し、少しでもデータを集めていくことが重要になってくるのです。そして、一緒に戦う妻と情報を共有し、ともに励まし合いながら不妊治療を進めていきましょう。

不妊という課題に男性が取り組む際には、【エス・セットクリニック】のように男性不妊のケアを得意とする医療機関の力を借りるのが一番です。男性不妊の専門医を擁するクリニックを選択することが、不妊のお悩み解決に向けての近道であると言えるでしょう。

MENU

TOP